ゼロから始めた大型自動二輪(XL883N アイアン)

30代最後の歳に一念発起し普通二輪→大型二輪を取得。ハーレーのスポーツスター「XL883N アイアン」を購入した中年の雑記

ショートショットにバンテージを巻いてみました

バンス&ハインズのショートショットにはブラックのヒートガードが付いているのですが、自分がある方から受け継いだ物には、使用に問題は無いのですが結構なダメージがあります。

なので思い切ってバンテージを巻いてみることにしました。

 とある方のを参考にして巻き、熱でブーツが溶けるとの情報もあったのでブーツが当たる箇所には小さいヒートガードも装着。


 

自分が購入したバンテージはチタンタイプでチクチクしないのと水につけなくても巻けるという物でしたが、巻くときには念の為水に浸してから巻きました。


 


ステンレス結束バンドも付属していたのですが、微妙に使いにくいのでヒートガードに付属しているネジで締め付けるタイプのステンレスバンドでバンテージを固定しました。
ちなみに自分の巻き方だと10m分購入してフロント6m、リア4mでほぼぴったりでした。 

巻き作業自体はそれほど難しい事も無く、1時間程で終了。

f:id:redirondenim2017:20180317145602j:image

ここからエンジン掛けて火入れを行うのですが、住宅街でずっとアイドリングしてる訳にもいかず、近所の公園まで走ってそこでしばらくアイドリングしてました。

最初は結構な煙と臭いがしますね(笑)

f:id:redirondenim2017:20180317145636j:imagef:id:redirondenim2017:20180317145622j:image

煙が多少おさまってきたところで一度帰宅して昼食後、再度慣らしでいつもの名栗湖まで試走。

f:id:redirondenim2017:20180317145741j:imagef:id:redirondenim2017:20180317145748j:imagef:id:redirondenim2017:20180317145721j:imagef:id:redirondenim2017:20180317145710j:image

ブーツが溶ける事も無く、見た目もカスタム感が一層引き立って個人的にはかなり気に入りました!